商品コード:
KK22022

甘皮クレンザー

ピュリファイングキューティクルレスポンス(中箱なし)

¥3,410 (税込)

ポイント: 62 Pt

詳細はこちら

【本品は、紙製の外箱以外に標準で付属する「中箱」を取り除いた状態でお届けします。「中箱」がない場合、標準パッケージに比べて、ポイント付与率が2倍です。標準パッケージの「中箱」がない状態ですので、パッケージが完全ではありません。プレゼントなどのご用途の場合は標準パッケージ仕様がおすすめです。】

【詳細】
甘皮・爪周りの皮膚・爪の両溝の角質は、新陳代謝によって常に新しいものへと生まれ変わっています。爪の周りは、乾燥しやすく、本来なら自然にはがれ落ちるはずの角質が厚く、硬くなりがちです。このような古い角質を、切ったり、押したりすることは、一時的な解決にしかなりません。本品は、爪本来の力を助けるために開発されました。とれるべき角質のみを浮かせ、無理なく爪周りをクレンジングします。

本品について、もっと知りたい場合はソウドウ・オンラインをチェック。

【内容量】
10mL

【ベネフィット】
甘皮を含めた、爪周りの角質は本来自然にはがれ落ち、いつもやわらかく透明感のある状態に保たれています。本来、自分ではがれようとする能力があるのだから、それを助ければよいだけで、硬くなってしまったからと切ったり、押したりしても解決にはなりません。角質を無理に取り除くことは、逆に角質を固くすることにつながることもあるのです。

本来なら無理なく自然にはがれるはずの古い角質が残るということは、爪周りを乾燥や刺激から守っているのだという考えのもと、本品は、角質をやわらかくし、コットンでふきとることで、無理なく古い角質をクレンジングします。さらに使い続けることで、角質の厚さを最適に保とうとする、本来の力をサポートします。

角質の厚さが適度な爪周りの皮膚は、爪の「透明感」「清潔感」といった印象を演出するに加え、爪が最適な形に伸びていくのを手伝います。

【KOH・コウのトータルネイルケアとして】
「爪のクレンジング」のためのアイテムの一つ。月に1回のナチュラルグロッシーバッファーセットとともに、爪や爪周りに付着した古い角質(白く硬い、爪の根元や両溝に付着しやすい)を掃除し、爪本来の働きを助けます。
本品は、週1回使用し、爪の周りの古い角質を掃除します。

※KOH・コウのトータルネイルケア(使用順・頻度など)はこちらをご覧ください。

---

サポートが必要ですか?
お手入れ方法やアイテムについてご質問があれば、お手伝いをさせてください。

LINEから:こちらをクリックし、お友達登録後、「トーク」からお問い合わせ内容を入力してください。

WEBから:こちらのフォームに必要事項を入力し、お問い合わせください。

---

【使用上の注意】
◎ネイルケア用途以外には使用しないでください。
◎爪・皮膚に異常があるときはご使用にならないでください。
◎本品の使用により、爪・皮膚等に異常が現れた場合は直ちに使用を中止してください。
◎万が一、目に入った場合は直ちに水で洗い流し、眼科医等にご相談ください。
◎万が一、飲み込んだ場合は直ちに医師にご相談ください。
◎極端に温度や湿度が高いところや直射日光のあたるところには保管しないでください。
◎お子さまの手の届かないところに保管してください。
◎肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品が肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等に相談されることをおすすめします。 (1) 使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合 (2) 使用した肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合

配合成分

水、PG、グリセリン、リン酸3Na、フェノキシエタノール、カルボマー、ラウレス-4、ラクトグロブリン、香料、ヒマワリ種子油、アーモンド油、マイカ、エチルヘキシルグリセリン、アラントイン、酸化チタン、デヒドロ酢酸Na、モツヤクジュ樹脂エキス、トコフェロール、ヘキシルシンナマル

使用方法

●ご使用になる前に、よく振ってください。
●本品を付属のブラシに含ませ、甘皮・爪・爪周り全体に塗布します。
●塗布したまま、3分~5分程度お待ちいただくか、ジェントルキューティクルスティックで、全体に液を伸ばします。
●コットンで、甘皮から爪の先端に向かって、拭き取ります。
●その後、水で軽く流してください。
ピュリファイングポリッシュリムーバーの後、エッセンシャルネイルセラムの前に使用します。
ナチュラルグロッシーバッファーセットを併用して使う場合は、ナチュラルグロッシーバッファーセットの前に使用します。

ページの先頭へ