商品コード:
KK22039

真に爪を強く美しく育てる美容液

エッセンシャルネイルセラム

¥4,290 (税込)

ポイント: 39 Pt

詳細はこちら

【詳細】
爪の保湿を第一の目的とするKOH・コウの、最も重要で基礎的なアイテムです。爪が本来もつうるおいが失われないように守ります。本来のうるおいが保持された爪は、おどろくほど強く、割れにくく、透明感と清潔感にみちた独特の美しさとツヤで、輝き始めます。

本品について、もっと知りたい場合はソウドウ・オンラインをチェック。

【内容量】
10mL

【ベネフィット】
爪が割れたり、亀裂が入ったりすると、爪が弱いと感じます。爪がすぐに割れてしまうので、爪が硬くなればよいという考えは解決にはなりません。爪が強くあるためには、硬さだけなく、やわらかさも重要で、硬さとやわらかさがバランスした「しなやかな爪」こそ、真に強い爪だと言えます。

しなやかさとは、爪の硬さとやわらかさがバランスした状態から生まれるものです。そして、そのバランスポイントは、自分の爪が一番よく知っています。

本品は、爪本来のうるおいを守り、爪を保湿すること(※1)で「硬さとやわらかさのバランスポイント」へ整える爪本来の力を助けます。

うるおいが守られた爪は「透明感とツヤ」に加え、厚みとやわらかさが増し、今までにない「しなやかさ」を感じ、爪に美しさと強さを感じます。

(※1)KOH・コウの研究者たちは、4種の植物性オイル(アーモンド油、月見草油、ヒマシ油、ロサルビギノサ種子油)を最適な分量比でブレンドすることで、爪本来がもつうるおいを守ることを発見しました。また正しくなじませ、爪に塗布すると、本品塗布の直後でも、ネイルエナメルをはじかないことがわかっています。

【KOH・コウのトータルネイルケアとして】
「爪の保湿ケア」のためのアイテムの一つ。
本品を爪にうるおいを補い、爪本来のうるおいを守る最も基礎的なアイテムとして使用します。
本品は、毎日1回、爪の裏側から塗布する他、週1回、ピュリファイングポリッシュリムーバーで、ネイルエナメルをオフした後に、本品で保湿をしてから、ネイルホワイトナーなどのネイルエナメルを再度塗布します。

※KOH・コウのトータルネイルケア(使用順・頻度など)は、こちらをご覧ください。

---

サポートが必要ですか?
お手入れ方法やアイテムについてご質問があれば、お手伝いをさせてください。

LINEから:こちらをクリックし、お友達登録後、「トーク」からお問い合わせ内容を入力してください。

WEBから:こちらのフォームに必要事項を入力し、お問い合わせください。

---

【使用上の注意】
◎ネイルケア用途以外には使用しないでください。
◎爪・皮膚に異常があるときはご使用にならないでください。
◎本品の使用により、爪・皮膚等に異常が現れた場合は直ちに使用を中止してください。
◎万が一、目に入った場合は直ちに水で洗い流し、眼科医等にご相談ください。
◎万が一、飲み込んだ場合は直ちに医師にご相談ください。
◎極端に温度や湿度が高いところや直射日光のあたるところには保管しないでください。
◎お子さまの手の届かないところに保管してください。
◎肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品が肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等に相談されることをおすすめします。 (1) 使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合 (2) 使用した肌に、直接日光があたって上記のような異常があらわれた場合

配合成分

アーモンド油、月見草油、パルミチン酸エチルヘキシル、ヒマシ油、香料、ロサルビギノサ種子油、酢酸トコフェロール、トコフェロール、ケイヒアルデヒド、安息香酸ベンジル、リナロール、リモネン、ヘキシルシンナマル、オイゲノール

使用方法

毎日1回塗布(ネイルエナメルを塗布したまま)
●キャップのボタンを押し、スポイトに液を吸いとります。
●キャップのボタンを押さないか、半押ししながら、爪の裏側にちょうどすりきりいっぱい液がたまるくらいの量を塗布します。
●爪の両溝にしっかりとなじませ、さらに爪の断面、爪の周りに塗布します。ベタつかず、さらっとなじむまで、なじませをくりかえします。
●このとき、甘皮から先端に向かってのみ伸ばします。

週1回(ピュリファイングポリッシュリムーバーの後)
●キャップのボタンを押し、スポイトに液を吸いとります。
●キャップのボタンを押さないか、半押ししながら、爪表面の中央をトントンとスポイトで軽くたたくようにすると、爪に液がのります。
●爪の表面・両溝にしっかりとなじませ、さらに爪の断面、爪の周りに塗布します。ベタつかず、さらっとなじむまで、なじませをくりかえします。
●このとき、甘皮から先端に向かってのみ伸ばします。

※なじませが足りない、もしくは塗布する量が多すぎると、ベタベタします。しっかりとなじませるか、塗布する量を減らしてください。

ページの先頭へ